高年齢者を対象とした助成金の種類があることを覚えておきましょう

サイトマップ

トップバナー

代表的助成金と雇用

3年以内既卒者トライアル雇用奨励金

トライアル雇用奨励金と似たような助成金の中に、3年以内既卒者トライアル雇用奨励金というものが存在しているのです。これは、卒業したあとでも就職活動を続けるような新規の学卒者の方をトライアルとして採用した際に事業主が受けることの出来る助成金となっています。

特定就職困難者雇用開発助成金

新規雇用への一歩として新卒の方を育成するために3ヵ月の有期雇用をし、そのあとで正規雇用に移動するというケースであれば、事業主への奨励金が助成金として交付されるのです。他には、特定就職困難者雇用開発助成金というものが存在しています。

この助成金のシステムは、障害を持っている方や高齢者など就職することが出来ない人を断続的に雇用した事業主に対して労働賃金の一部を支払ってくれるというものです。若く元気な社員を雇いたいと思うのは誰でも一緒ですが、それでは障害者や高齢者の就職先がなくなりますよね。

高年齢者雇用開発特別奨励金

パソコンで確認

雇用関連の助成金の中には、高年齢者雇用開発特別奨励金という種類のものもあり、65歳以上の離職者を雇用した際に助成金を受けることが出来るというシステムです。条件としては公共就業安定所、職業紹介事業主などの紹介によって雇入れた際に適応されるものです。

地域が限定されている助成金 ポイント

事業主にたいして高年齢者雇用開発特別奨励金という助成金が交付されます。地域求職者 雇用奨励金というものは、地域が限定されている助成金となるので、同意雇用開発促進地域や過疎等雇用改善地域 に対して交付される助成金の種類となっていることを覚えておきましょう。過疎地域は日本にたくさんありますので、 この助成金を行っている地域もたくさんあります。

代表的助成金の種類の基礎的知識