代表的助成金をもらうためには情報収集が大切ということを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

助成金をもらう場所

情報は様々な形で手に入れることが可能

どの場所で適切な助成金をもらうのかという情報は様々な形で手に入れることが可能となっています。分野によっては、口コミで広がっているところも多くありますが、新聞に載っていたり、団体が作成した告知ポスターなどで情報を得ることが出来るということも多くあるのです。

専門の機関紙

専門の機関紙などがあるのであれば、その広告で情報が記載されていることもあります。現在一番多くなってるのは、インターネットでの周知通知となり、ブログやサイトにリンクされることによって口コミで広がっていくケースが多くあります。社会福祉協議会や市民活動センターなど広報誌に乗せられることも多くあります。

助成金情報の他にも臨時で助成を受けることもあり、過去にはなかったのですが、新しく助成事業を始 めることが出来るというケースもあるのです。助成内容が大きく変更され る助成制度が今後出て来るかもしれないので、日々の情報の確認が必要になります。 今は自分に必要な助成金制度がなくても新しく助成金制度ができるようになるかもしれません。

情報を得る方法

インターネット

助成金の情報を持っているだけの人であれば、毎年この時期に助成金があると思っていてひたすら待っていても、 その助成金が給付されなかったり、時期がいきなり変わっていたりすることもあるのです。それは、本当に困ります。そういった事態を防ぐ為に情報を得ることが重要です。

日常的にアンテナを ポイント

助成団体、支援団体が発信している情報を集められるように、日常的にアンテナを張り巡らさなければなりません。助成金を受け ている会社企業仲間などと連絡を取り、情報交換が出来れば尚いいですが、それが出来なければインターネットで情報を掲載してありそうな ページをチェックすることが重要になります。どのような助成金を受けるのかにもよりますが、自分が受けたい助成金を検索してみて、 自身の県の助成金団体のHPなどをしっかりと調べておくようにしましょう。これは自分で調べるしかありません。商工会議所でも 教えてくれるところもあるので問い合わせてみる価値はあります。

代表的助成金の種類の基礎的知識