新規学卒者に適応している代表的助成金があることを学んでおきましょう

サイトマップ

トップバナー

3年以内既卒者採用拡大奨励金

新規学卒者に適応している助成金

3年以内既卒者採用拡大奨励金とは、学校を卒業したあとも就職活動をしている新 規学卒者に適応している助成金となります。高校、大学などを卒業したのち3年以内の人を正規雇用し た事業主に対して奨励金が支給されることを覚えておきましょう。3か月の試用期間ののち、正式に社員として 雇われれば、給料のうち数十パーセントが助成金として会社に支払われる、というのがこの助成金になります。

発達障害者雇用開発助成金

また、発達障害者雇用開発助成金は、発達障害者の雇用を促進している助成金です。職業生活の中の課題を把握するために地域にある障害就業センターで支援を受けた発達障害者の方をハローワーク、就業紹介などを通じて常用労働者として雇用した事業主に対して賃金の一部を助成するというシステムの助成金となります。

難治性疾患患者雇用開発助成金とは、難病を持っている方の雇用を促進することを目的とした助成金となっています。就業生活の中の課題でそれらを把握するためにハローワークなどの紹介によって難病を持っている方を通常労働者として雇用した際に支払わられる助成金となっていますが、基本的には発達障害者雇用開発助成金と似ています。

精神障害者雇用安定奨励金

精神障害者雇用安定奨励金とは、精神障碍者の雇用を促進するため、職場の定着を図るために支払われる助成金となっています。精神障害者を雇用したり、求職者が職場に復帰するさいに精神障害者にとって働きやすい職場づくりをするために支払われる助成金となります。こういったケースであれば、事業主に対して助成金が適応されます。

職場定着を図るために助成される助成金 ポイント

職場支援従事者配置助成金とは、重度の知的障害がある方、精神障害がある方の雇用を 促進する、職場定着を図るために助成される助成金となっています。ハローワークなどの紹介によって対象者 を断続して雇用したり、職場支援従事者などを配置するなどの行動に出た事業主に対して支払われる助成金です。 助成金ではないですが、ある一定の規模の会社になると、障害者をある総従業員数に対してある一定の割合で雇わなければ ならなくなります。

代表的助成金の種類の基礎的知識