雇用に対する代表的助成金も様々な種類があります

サイトマップ

トップバナー

様々な雇用に対する代表的助成金

重度障害者等多数雇用施設設置等助成金

重度障害者等多数雇用施設設置等助成金とは、重度の障害者などを数多く雇用するための事業所施設や、事業所の設備、設置、整備などに対して支給される助成金となっています。重度の障害がある方への雇用管理のノウハウの普及を待っている事業主に対し、事業所野設備代、整備代などの費用の一部を助成してくれます。

建設業離職者雇用開発助成金

建設業離職者雇用開発助成金は、45歳以上60歳未満の設備業に勤めていた労働者をハローワークなどの紹介により、雇用保険の一般被保険者として新しく雇用した際に適応される助成金となっています。この場合では、短時間労働者は含まれないので気を付けてください。

新しく雇った建設業以外の事業主が適応するということなので、助成金は建築業者には残念ながら適応しないシステムとなります。建設業離職者の再就職を促進するため、他の産業への移動を応援するための助成金なので、建設業界でしか働くことが出来なかった人が他の分野に飛び込むのは、少し勇気がいるということからこういったシステムが設けられたのでしょう。

障害者初回雇用奨励金

ビジネスウーマン

障害者初回雇用奨励金は、別名でファースト・ステップ奨励金という名前があります。この助成金は、中小企業で障害がある方を雇用するために設けられた助成金のシステムとなります。障害者雇用の経験の浅い中小企業などが新しく身体障害がある方、知的障害がある方、精神障害がある方を雇用する際に奨励金が出るのです。

精神障害者ステップアップ雇用奨励金 ポイント

精神障害者ステップアップ雇用奨励金と呼ばれているシステムの助成金では、週当た りに20時間以上の勤務が出来ない精神障害のある方の求職に対して設置されているシステムの助成金となり ます。このように多くの助成金が設置されることによって、多くの方の就職難が解決していくのではないでしょうか。 もちろん簡単なことではないですが、このシステム自体は本当に素晴らしいものなのです。活用できる人なのであれば、 是非知って活用して欲しいものです。

代表的助成金の種類の基礎的知識