障害がある人に適応している代表的助成金を知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

体に問題がある方

精神障害者ステップアップ雇用奨励金

精神障害者ステップアップ雇用奨励金などは、3ヵ月から12ヵ月の期間で、1週間に20時間以上の終業を目指しているシステムとなります。精神的に障害がある方と事業主が相互理解することを促進しているシステムで、雇用機会の確保を目的とした助成金の1つとなっています。

グループ雇用奨励加算金

グループ雇用奨励加算金では、1週間あたり20時間以上の勤務が難しいとされている精神的に障害がある方の求職に対して3ヵ月から12ヵ月の期間をかけて、20時間以上の終業を目指すシステムの物となっています。こういったものが普及することによって誰でも働くことの出来る世の中になるかもしれませんね。

先にご紹介いたしました助成金と同様に、精神的に障害がある方と事業主が相互理解することを促進しているシステムなので、精神的に障害がある方の雇用確保を一番に考えた助成金となっています。この際には、該当している事業主にグループ雇用奨励加算金として助成金が支給されます。

雇用関連の助成金のまとめ

理解

様々な雇用関連の助成金をご紹介いたしましたが、理解して頂けたでしょうか。ここでは障害がある方に適応している助成金の説明でしたが、ここでも2つあるほどにとても多くの数があることを理解して頂けたかと思います。助成金はとても多くの数があるのです。自社に該当している雇用助成金があれば、活用しない手はないでしょう。

助成金は支給された返済不要 ポイント

助成金を活用するメリットは豊富ですが、助成金は支給された返済不要という点が一番大きなメリットなのではないでしょ うか。返済する必要がないということは、返しがなくともそのまま給付してもらえるのです。雇用のために必要となった経費なども助成金が出 ることで、軽減することが出来ます。助成金をうまく利用することによって会社の環境を整えることもできるでしょう。 会社の環境が整ってくれば、会社の業務もよりスムーズになりますので、利益も上がってきます。このような助成金は使わない 手はないのではないでしょうか。やはり返済義務がない、というのが嬉しい部分ですよね。

代表的助成金の種類の基礎的知識