体表的な助成金の種類と基礎的知識を知って活用してみよう

サイトマップ

トップバナー

助成金

今このページをご覧の方は、代表的助成金の種類をどのくらい知っていますか?助成金という名前だけは聞い たことがあっても、どういった種類の助成金があるのかを知っている方は少ないですよね。 昔と比べ代表的助成金の種類はとても豊富になっています。

分野によりそれぞれ違った種類の助成金があるので、自分が受けられるものがどれに 該当するかを調べる必要があります。。助成金は、詳 しく知っていなければ使えるものではありません。助成金の種類をまず知ることによって、利用することができるです。

架け橋
どんな企業でも

助成金は一般的に厚生労働省が取り扱っている支援金のことで、厚生労働省が取り扱っている支援金の助成金は、条件さえ満たしていれば 、誰でも、どんな企業でも支援を受けることが可能です。

やる気
返済しなくてもよい

代表的な助成金は、支援を受けても返済しなくてもよいのです。どういったケースで助成金が使用 されるかというと、基本的には雇用関係で適応されることが多くなります。例えば、会社 が労働者を雇用する、労働者に教育や訓練を行うなどの条件が揃えば、この助成金を受ける ことが可能になります。

その2雇用関連の助成金

会社を経営する上での資金はとても大きな問題となるのではないでしょうか。そういった企業 の為に国からとても多くの種類の代表的助成金が用意されていることが基礎的知識でしたよね。

雇用関連の代表的助成金
書類確認

該当している助成金があれば、それを利用して、会社の資金とし、事業成功へ向けて新たな一歩を踏み出すこともできますよね。雇用関連の助成金に ついての紹介になりますが、雇用者を雇入れる際の助成金は多くにあります。

ポイント 特定就職困難者雇用開発助成金と呼ばれる助成金は、労働者の適性、能力などを事前に見極めたのちに通常雇用するなどの雇用 のきっかけの1つとなるトライアルを行うための種類になります。た だ、ある一定期間ののちに実際に雇用しないとこの助成金はもらえないのが注意点です。ただ、実際に雇 用すればコストカットができます。雇用関係の助成金はほとんどが雇ってから一定期間がたったのちに助成金がもらえるように なっています。雇う前にもらえるものではないので、始めに自分で手出しする 必要があるのです。ですので、人件費を払うだけの余力は当然に必要ですし、それ以外にも予想していなかった資金が 経営には常に必要になるので、余力の確保は重要です。


https://www.hotel-bed.net/


その3新規起業関連

今ある会社とは別で会社を立ち上げたり、新しい分野に進出していくなど将来を考えて、発展を思い描いている方も多くいますが、 今から自分の会社を設立しようと考える人も多くいます。こういった条件に 適応するなら、助成金を受けれる確率が上がるのです。

国からの助成金は知らないとできない上、これから起業される方にはいち必要で早く手にしてほしいものです。この助成金をしっかり活用して起業の資金を準備しましょう。

地域求職者雇用奨励金
大きく一歩

新規起業の助成金には、地域求職者雇用奨励金という助成金があります。 同意雇用開発促進地域、過疎等雇用改善地域、雇用した支給対象者の人数、事業 所の設置、設備費用に応じ、一定額の支援金を出してくれる助成金です。

ポイント 例えば、沖縄若年者雇用促進奨励金という助成金があります。若い方、年配の 方が流出する激しい過疎雇用改善地域、 就業機会が不足している農山村地域などに対して助成されるものです。若い方の失業者が多くなって いる沖縄県なので、雇用構造の目的としてそのエリアに移住する求職者を雇用することでこの助成金を受けることができます。 沖縄だけでなく 同じような若い方が失業者が多くいる県であれば、このような助成金があるケースもあります。 そしてこのような助成金制度をいかせば、会社としても経営により多くの資金を投資することが可能になるのです。 会社の資金繰りというのは、思っているよりはるかに大変なことです。それを返す必要のない、タダのお金という のは本当に天からのプレゼントなのです。こういった資金を利用しないのはもったいないとしか言いようがありません。 こういった情報は手に入りにくいと思われるかもしれませんが、商工会に所属していると常に新しい情報が入ってきます。

 


https://www.shounani.co.jp/

その4新規企業関連続き

新規企業でもらえる助成金には、特例子会社等設立促進助成金もあります。この助成金は、 障害者の雇用を安定させて、障碍者雇用数を確保する目的で助成される助成金です。

会社が障害者を新しく雇って特例子会社、重度障害者多数雇用事務所を設立した際に支給される助成金です。自分で起業し、起業した後1年 以内に雇用保険の適応事業主となったなどの場合で適応されます。 ある一定の規模の企業になった場合は障害者をある一定の率で雇用することが義務付けられていますが、事業を始めたばかりのケースでは助成金給付の対象になります。

地域再生中小企業創業助成金
リサーチ

また、地域再生中小企業創業助成金という助成金があります。 雇用失業情勢を改善する働きをしている弱い地域に特定されて助 成される助成金になります。特定された地域で、地域を再生することを 目的に起業することで雇用機会の創出を図る助成金です。

ポイント 代表的助成金に中小企業基盤人材確保補助金というものがあります。これは、企業、 異業種に発展するなどの新しい分野への取り組みをする、経営基盤を強化するために労働者の雇入れを行うという条件のもとに支払われる助成金です。労働者の雇い入れといっても条件があり、それにより 助成金の金額も変わるので、ホームページや商工会議所で尋ねるなどして、詳細情報を得ておきましょう。 商工会に登録しておくと月会費は何千円いりますが、助成金や他有利な情報がたくさん入ります。月会費以上の情報や利益をもたらしてくれる ことは間違いないので、ぜひ登録しておきましょう。知らないだけであって、年に数回大きな助成金情報などがあります。 タダでもらえるものを見過ごしている人が多すぎるのが現状なのです。審査があり、1年前に申し込みしなければならないような 融資もありますが、それでも利用できるのとできないのでは大きな違いです。


その5研究開発型助成金

助成金のイメージとしては、国が援助してくれる支援金などを思い浮かべる方が多いです。そのイメージは間違いではありませんが、団体や自治体がだしている助成金があります。国以外からの助成金も実は返済の義務はありません。

企業から見ると経費削減の為にはとても役立つお金となり、事業主や雇用関係の助成金、労働関係の助成金などと条件に合う助成金の種類を援助してもらうことができれば、会社の経費を今までとは違った形で抑えることが可能になります。

研究開発型助成金
相談

助成金に研究開発型助成金があります。研究開発型助成金は経済産業省を中心にして、さまざまな団体や都道府県などの自治体が公募しています。目的としては新製品の開発や新技術の研究、新サービスの研究などに必要になる経費を補助するものです。

ポイント 新しく何かを生み出すには研究に研究を重ねなければいけないので、企業は多額の費用が必要なので、それを補助してくれる助成金なのです。 研究開発費のために必要な分の助成金だけではなく、それ以外の経費に対しても 助成してくれるケースがあります。 なので、研究開発費に当てはまらないからと諦めず、どのような他の経費に対して 助成してもらえるか確認してみましょう。調べてみるだけで、さまざまな細かいことに 助成金があります。返済の必要がないお金を知らない、という理由だけでもらえなかったこれ程の損はないですよね。 しっかり知識をみにつけ、活用しましょう。返済する必要がない、とういのはタダもらえる、という本当にお得なことなのです。

その6支援金

国からもらえる助成金は、会社を経営する人にとって利用頻度がとても高い支援金です。経営していく中で国の助成金を使うるのと、何も知らず、助成金が使えないのでは、会社の経費にも大きな違いが出ます。

調べる

国からの支援金には、助成金の以外にも補助金と呼ばれるものや、公的融資などもあります。補助金は経済産業省が与えるもので、補助金は公募システムになります。

誰もが利用したい ポイント

審査に受かると、返済不要で助成金を交付してもらえるので、誰もが利用したいと思う助成金ですよね。ただ、予備知識として公的融資等では、国民生活金融公庫等を利用しているので返済する必要があります。また、民間団体が運営している支援金や地域団体が運営している支援金もあります。

助成金を活用できれば、今まで経営が苦しかった企業や会社でも、環境、会社経営に大きな変化を起こすことができます。経営者なら、返済不要の助成金を使った方がもちろ んよいのですよね。利用する際には、利用したい助成金とその知識をきちんと理解しましょう。 助成金の存在すら知らず、もらえる助成金をもらわずに借金してしまう、なんてことがないようにしましょうね。 数ある助成金をいくつかご紹介してまいりましたが、あなたにピッタリの助成金の知識として少しでもお役に立てば幸いです。