スムーズな申請に専門家の力を借りることも大事

サイトマップ

トップバナー

助成金受給の流れ

申請、審査という避けて通れない道

助成金受給の条件を満たすことができれば、助成金はもらえますが、その過程で、申請、審査が 避けられません。助成金をもらえるかどうかを判断する行政機関は、ハローワークだったり、雇用能力開発機構だったり、21世紀就業財団などが 行います。

申請を担当している人

こういった行政機関と、あなたの会社が上手なコミュニケーションがとれるなら申請前の相談や申請自体をスムーズに終わらせることが出来るのではないでしょうか。行政機関の施設の中には、申請を担当している方がいらっしゃると思います。助成金を受給されるまでは、事前に相談に行ったり、アドバイスを受けたりすることも可能なのです。

担当者に連絡をする機会も増えるのではないでしょうか。お互い形式上のやりとりおでは、教えてもらえることも少なくなるでしょう。担当者と仲良くすることもポイントの一つとなります。担当者の人と上手にコミュニケーションをとり、受給される助成金の申請などをスムーズに終わらせましょう。

専門家

専門に依頼

助成金受給のために次に挙げられるポイントで、専門家を経由するということがあります。費用は何かと多くなりますが、自分で労務整理をしたり、事前準備をしたり、担当者と仲良くなるにも、労務士がいるだけで、手っ取り早くできることが多いのです。

費用が掛かる ポイント

人事や雇用などで助成金をもらうために相談する専門家といえば、会社保険労務士ではないでしょうか 。そういった方の方が申請する担当者よりも仲良くなりやすく、様々なことを相談しやすいと思います。ただ費用が掛 かるので、専門家を雇うか、雇わないかはあなたの自由です。少しでも費用を安くしたいのであれば、自分で勉強する必要が あります。もし時間がないのであれば、会社保険労務士を雇うとよいでしょう。毎月の費用が必要になってくるのは当然ですが、その分 あなたの時間が節約できるので対費用でみて得になるのであれば考慮してみてはいかがでしょうか?

代表的助成金の種類の基礎的知識